ゴルフスイングのイメージ画像
Home >

45インチ以上のクラブは難しい

お役立ちサイト | ゴルフスイングの基本・最前線

もっと飛距離がほしい、そんなときに気になるのが、長尺でデカヘッドのドライバーです。クラブが長いわけですから、当然スイング円が大きくなり、飛距離は大幅にアップすると期待することでしょう。

飛距離ほしさに手を出す長尺ドライバー

これは凄い武器だと感じて46インチの長尺ドライバーを購入した方もいらっしゃいますが、全然、当たらなくなってしまったようです。これまでは44インチだったので、2インチ(およそ5cm)長くなっただけなのに、なかなか芯でボールを捕まえることができなくなってしまったようです。

フェアウェイをほとんど外さないレベルのゴルファーでも、長尺にした途端に球筋が不安定になり、トラブルの続出という痛い目をみることもあるようです。こんなはずではなかったと後悔するかもしれませんが、実体験を通じではじめて分かるのは、長いドラーバーの難しさです。

ハードヒッターには長尺は向かない

たった5cm長くしただけなのにクラブヘッドは昔よりかなり遅れて下りて来る感覚でしょう。タイミングを合わせようとして、スイングしても、リストをこねる動きが出てしまい、フェース面の狂ったインパクトになりやすいのです。ボールを強くヒットするタイプのゴルファーには、長いシャフトはタイミングがとりずらいと考えたほうが良いでしょう。

44インチのクラブに戻してみると元通りに良い球が出るのであれば、やはりクラブのせいだと判断すべきでしょう。ゆったりと振るボディターンスウイングをマスターしてから、長尺ドライバーに再チャレンジしたほうが良いように思います。